タグ:第11回焼成 ( 1 ) タグの人気記事

1月5日焼成3日目

 正月休み最後の日曜日と言う事も有り、普限窯には多くの方々が見に来られてました。

普限窯は、1年の間に4回の焼成が有ります。

御存じのように窯焚中は、窯全体が高温になり、夏の焼成は暑くて出来ません。

大体の予定は、1月、3月、6月、10月となっていますが、その中で1月焼成は年に一度の10日間焼成を行っています。

実働の10日なのですが実質11日間焼成を行う事になります。(24hX10=240時間焼成です。


還元焼成(酸素を極力少なくして焼く事)をおこなって居るので、黒い煙が吹き出します。
a0257124_18461448.jpg


胴義間天井の火吹き穴から、勢いよく炎が上がっています。
a0257124_1964156.jpg


昨日はとても冷え、だるまストーブを囲み陶芸談義に花が咲きます。
a0257124_1913156.jpg


彦根から来ている岸川さんが登場すると、和やかな空気に包まれます。(笑)
a0257124_1916491.jpg


初日から焼成を手伝いに、金沢から駆けつけた来てくれた、大西雄三郎君が来客者に窯の内部の様子を説明しています。
a0257124_19191545.jpg


直接裸眼では、1200℃の熱波で直視できないので、保護メガネ等を使い内部を見ています。

食い入るように見ておられました。
a0257124_19243973.jpg


こちらの普限窯には、多くの陶芸作家の方々が見学に訪れます。

実際に窯焚きを体験したり、焼成に参加されたりしています。

1月13日まで窯焚きが行なわれます。
a0257124_19272224.jpg


a0257124_1932627.jpg



私の個人ブログにも普限窯の様子を記事にしてますので、宜しければご覧くださいね。

下の写真をクリックして頂きますと、サイトにジャンプします。
a0257124_1161734.jpg



photo and write by APSあーちゃん でした。
[PR]

by photo-by-aps | 2014-01-06 19:34 | 窯焚き