引出し最後の作品

 第7回焼成で最後から2番目に引き出された作品です。

焼成から10日目、窯の内部は燠で埋め尽くされています。

今回初めて実験として、10日目に引出しを行ったのですが、やはり相当ビードロが厚く

好みが分かれるのでしょうが、とても貴重なデータが摂れたのでは?

窯内部の様子なんですが、もう飽きてきましたか?w
a0257124_149763.jpg


a0257124_1493643.jpg


a0257124_1494849.jpg


a0257124_1495916.jpg


a0257124_14101065.jpg


a0257124_14102711.jpg


a0257124_14103617.jpg


a0257124_14104919.jpg


a0257124_1411132.jpg


a0257124_14112356.jpg

 


photo and write by APSあーちゃん でした。
[PR]

by photo-by-aps | 2013-01-20 14:12 | 引出し作品

徳利 2本目

 前回紹介した徳利の引出しと、形は似ているのですが、
よく見ると違いが分かると思います。


窯の内部から引出し完了迄、撮影してみました。
a0257124_1702429.jpg


a0257124_171135.jpg


a0257124_171293.jpg


a0257124_1724769.jpg


a0257124_1725732.jpg


a0257124_173946.jpg


a0257124_1731928.jpg


a0257124_1733117.jpg


a0257124_1742855.jpg


a0257124_1751641.jpg


a0257124_176324.jpg


a0257124_1761799.jpg









photo and write by APSあーちゃん でした
[PR]

by photo-by-aps | 2013-01-19 17:07 | 引出し作品

あと少し

 本日は今回の第7回焼成で、紹介していない作品を掲載します。(写真を撮った中で)

多賀八重錬(やえねり) 古民家「友遊」の代表の岸川健さんの作品の引出し風景です。

今回、窯内部の撮影をしたのですが、連射で撮ったので枚数が多いのですが、引き出される様子を、

ゆっくりと御覧ください。

左奥に、炎の間から、徳利が薄っすらと見えますね。
a0257124_16261768.jpg


窯の内部は1200℃を超え、薪が燃え盛り炎が渦巻いています。
少しの時間静止して作品を炙り、炎に包まれてます。
a0257124_16315227.jpg


a0257124_1631528.jpg


a0257124_16322048.jpg


a0257124_16322559.jpg


a0257124_16325015.jpg



中の燠を振りだしています。
a0257124_16334933.jpg


a0257124_16341234.jpg



上から徐々に冷めて、色が変化して行きます。
a0257124_163524.jpg


a0257124_16352221.jpg


a0257124_16374989.jpg


a0257124_16375567.jpg


a0257124_16382426.jpg



photo and write by APSあーちゃん でした。
[PR]

by photo-by-aps | 2013-01-19 16:39 | 引出し作品

第7回焼成 引出し作品

 本日は普限窯で行われた 第7回焼成で引き出された作品の紹介です。

この徳利は、小山 普さんの作品で、焼成5日目、1月6日の夕方に引き出されました。

薪窯特有の自然釉が、とても綺麗な作品に仕上がっています。


薪を投げ込み暫く経ってから、焚き口の蓋を開けるのですが、
炎の勢いは、若干衰えていますが、それでも灼熱地獄と言っても良いでしょうね!
a0257124_17444012.jpg



引出し用に作られたステンレスの棒を炎の中で、目指す徳利の小さな穴に、射すのですが
炎に包まれて、カメラでは捉えきれません。
a0257124_17485274.jpg



肉眼でも、見ずらいのですが、フェースプロテクトをかけ良く見つけられるのだと感心しています。
a0257124_17504221.jpg



どうも、徳利を射止めたみたいですねw
a0257124_1754182.jpg



作品をすぐに出すのでは無く、窯の中で釉を動かし景色を変化させるために
暫く静止させて居るのですが、時間との闘いが始まります。
余り長く置いておくと、今度はステンレスの棒が、熱で溶けるように曲がり作品を落下させてしまうのです。
a0257124_17583367.jpg



ようやく取り出し、陶板の上に置かれたのですが、徳利の穴が小さく、抜くのに苦労して居ました。
a0257124_1802957.jpg



引出し作品ならではの、真っ赤な状態を見れるのですが、このままの色で仕上がったら
とても素敵な作品に成るのではと、いつも思っているのですが(笑)
a0257124_182185.jpg



徐々に冷めて、赤みが取れてきます。
a0257124_1831030.jpg



一部ビードロが赤さを残していますが、本来の美しい作品の色が現れてきました。
a0257124_185014.jpg






photo and write by APSあーちゃん でした。
[PR]

by photo-by-aps | 2013-01-15 18:29 | 引出し作品

第6回焼成作品(Brian Mahoney Works)

 本日は、陽気で元気な英語教師 Brian Mahoneyさんの、

第6回引き出し作品の紹介です。

日本に来て、30年以上に成るそうですが、こよなく日本を愛し、

伝統文化が好きでいろんな事を、体験され尚且つ空手家でもあります。

そして、日本で奥さんと知り合い、お子さんを3人育てられ、お孫さんまでいます。

私より、2歳も年上なのですが、とても お若く見えます。

引出し風景です

a0257124_3572591.jpg


a0257124_3572867.jpg


a0257124_3574245.jpg


轟々と燃えたぎる炎

a0257124_3583824.jpg


 火の粉が 舞い上がる

a0257124_3591710.jpg


a0257124_3592660.jpg


a0257124_3593875.jpg


a0257124_3594665.jpg
 

引出しの良い所の一つ 真っ赤作品の姿が、つぶさに見られる所でしょうか

a0257124_41253.jpg


a0257124_415724.jpg


a0257124_414531.jpg


a0257124_421783.jpg


a0257124_474172.jpg


APSスタジオにて撮影しました。

a0257124_48584.jpg


a0257124_484893.jpg


来年の話をするのも、何なんですが、二人展が行われます。

a0257124_4123146.jpg


a0257124_424238.jpg


良い作品が一杯有りますので、宜しければ、御覧頂けますか。

今日も仕事、頑張りましょう。  またね~




photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑    工芸ブログランキングに参加してます。
ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-11-29 04:26 | 引出し作品

第6回焼成引出し作品(朝倉敬也)

大阪は一杯雨が、降りましたね。

せっかくの紅葉も、この雨で落葉して仕舞うのでしょうか?

また、季節が進んでいくのでしょうね。

遅くなりましたが、10月焼成作品の紹介です。

a0257124_16545469.jpg


a0257124_16542177.jpg


沢山の燠が貯まってたので、振って落とすのですが、良く見ると

燠が一旦落ちて、酸素を受け取り、再燃焼して舞上がっています。

a0257124_1714478.jpg


a0257124_1715422.jpg


a0257124_17152465.jpg


a0257124_1716166.jpg
  

台に置かれた状態です。

a0257124_17221997.jpg


a0257124_17222725.jpg


スタジオ撮影の写真です。

a0257124_17232067.jpg


a0257124_17234697.jpg



photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑    工芸ブログランキングに参加してます。
ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-11-27 00:01 | 引出し作品

第6回焼成作品(井上五郎)

10月に焼成された井上五郎さんの、

引き出し作品の紹介です。

燃え滾る炎渦巻いています。

a0257124_1946372.jpg


ステンレスの棒で持ち上げ、釉が流れるのを待ちます。

a0257124_19484069.jpg


慎重に火口を通します。

a0257124_19513574.jpg


a0257124_19513894.jpg
  

そして持ち上げ、中に入っている熾を振って出していきます。

a0257124_19523923.jpg


a0257124_19524687.jpg


a0257124_1953462.jpg


a0257124_195378.jpg


棚板の上に置かれ、冷めるのを待ちます。

a0257124_19543850.jpg


a0257124_19543488.jpg


まだ赤みが残っていますが、普限窯を背景に

a0257124_19552848.jpg


スタジオ撮影した作品です。

a0257124_1957956.jpg


a0257124_195735100.jpg


a0257124_19581377.jpg



photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑    工芸ブログランキングに参加してます。
ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-11-19 00:01 | 引出し作品

引出し初体験(植田黄濤)

  大阪柏原の、拍陶会のメンバーである、

植田黄濤さんが、初めて引出しに挑戦されました。

その様子を載せてみます。

2012年10月7日 12:45~12:50 に引き出された、植田さんの作品です。

a0257124_1938236.jpg


目は真剣そのものです。緊張されたと思います。

a0257124_1939631.jpg


この時の窯の温度は 1250℃ です。

a0257124_1939503.jpg


焚口に、手を近づけすぎると、皮手袋をしていても、火傷をしてしまいます。

a0257124_1941927.jpg


いよいよ、引き出します。

a0257124_19414746.jpg


出てきました。慎重に移動していきます。

a0257124_1942445.jpg


a0257124_1942544.jpg


a0257124_1943746.jpg


a0257124_19431840.jpg


a0257124_19433688.jpg


a0257124_19435439.jpg


無事に完了しました。

a0257124_19455828.jpg


真っ赤な作品が、見てる間に色を変えていきます。

a0257124_1946197.jpg


普限窯と共に。

a0257124_19464950.jpg


植田さんの引出しが終わった後、遥々 岐阜から、見学にお見えになっていた

瀬戸窯業高等技術専門学校出身の、西岡君と、鈴木君が、帰られる所だったので

一緒に、記念撮影です。
(主要メンバー、金沢チーム、左端が植田黄濤さん 前列右から2人目、4人目が西岡君と、鈴木君です)

a0257124_1953963.jpg


井上さんが入ってなかったので、 もう1枚

a0257124_19533448.jpg


なぜか、ピントが甘いです。



photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑     工芸ブログランキングに参加してます。ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-10-11 00:01 | 引出し作品

金沢チーム作品撮影

  今回の焼成に参加してくれた、金沢チームの皆さん御苦労様でした。

10月8日の焼成終了後、帰られる前に、引出し作品を撮影させて頂きました。

最初は、金沢市 卯辰山工芸工房の研修生の、半田 濃史さんの作品から

a0257124_23234581.jpg
 

a0257124_23251471.jpg


a0257124_23253880.jpg


a0257124_23255472.jpg



  半田 濃史さんの作品2点目

a0257124_2326464.jpg


a0257124_2327723.jpg


a0257124_23272189.jpg


いつも窯焚きに、御協力して頂き、ありがとうございます。

スタジオ撮影すると、作品の雰囲気が、いつもと違って見えますね。




photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑     工芸ブログランキングに参加してます。ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-10-10 00:01 | 引出し作品

朝倉 敬也 Part7 (第一回引出し作品)

  朝倉師匠の第1回引出し作品を A.P.S.スタジオにて 撮影しました。
a0257124_8411285.jpg


a0257124_84201.jpg
 

a0257124_8422872.jpg
 

a0257124_845169.jpg


a0257124_8544028.jpg


a0257124_92897.jpg



人気ブログランキングへ← 投票 お願いします。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-05-10 00:01 | 引出し作品