第9回焼成

 普限窯第9回焼成が6月2日から始まりました。

6月9日迄の8日間焼成です。

3日未明に覗いて来たので、炎の様子だけですが、御覧頂けたら・・・


何時もの様に・・・始まりました。
a0257124_12475499.jpg


a0257124_1249241.jpg


AM3:00の窯内部の様子です。
a0257124_12502929.jpg


焼成開始から18時間位でしょうか?
a0257124_12521411.jpg


井上さんと田中師匠が窯焚きをされて居ました。
a0257124_12542649.jpg


順調だそうです。
a0257124_12533868.jpg


窯詰め等、詳しくは田中師匠のブログを御覧頂ければ掲載されています。

↓ の写真をクリックして頂けたらジャンプします。
a0257124_12583246.jpg




photo and write by APSあーちゃん でした。
[PR]

by photo-by-aps | 2013-06-03 13:00 |

窯の内部詳細

 燃焼中の窯内部を今回かなり撮ったので、載せて見ます。


うごめく燠に埋もれる作品たち!

まるで、溶岩の流れに彷徨ってるみたいです。


a0257124_18382854.jpg


a0257124_18382831.jpg


a0257124_1839039.jpg


a0257124_1840087.jpg


a0257124_18401929.jpg



窯内部を撮るのに、ワンハンドショットなので、傾いてます。



photo and write by APSあーちゃん でした。
[PR]

by photo-by-aps | 2013-01-19 18:43 |

柏陶会の皆さん

早いもので、今年も師走に入り、1か月を切りました。

普限窯の第6回焼成から、約2か月を過ぎ、来年1月の2日から始まる、

第7回焼成(10日焼成)まで、1か月を切りました。

第6回焼成の写真がまだ、整理がついて居ないのですが、焦り始めました。

どうなる事やら? ・・・ 分りません!

めっきり冷えて来たので、炎の写真でも見て、温まって頂ければ幸いです。

今回は、第6回焼成の10月4日に撮影した炎のみを、取り上げてみました。

窯内部の炎の様子です。


a0257124_1172944.jpg


a0257124_1191366.jpg


a0257124_1193994.jpg


a0257124_1194394.jpg



次は変わった写真で、胴木間の奥横の色見孔から、薪を差し燃え上がった炎の写真です。

a0257124_1243777.jpg


a0257124_1252992.jpg


a0257124_1253842.jpg


a0257124_126917.jpg


焚口に薪を並べ、薪蓋をし、還元を掛けて、焼成をします。

そうする事によって、燠が貯まり、尚且つ松灰により、

透明感のあるグリーンの艶っぽいビードロを得るためなのです。

a0257124_13128100.jpg


屋根に開いてる、火口から舞い上がる炎です。

a0257124_1362784.jpg


a0257124_1364477.jpg


10月4日に窯の焼成に参加された、拍陶会のメンバーの皆さんです。

a0257124_138139.jpg


マホニーさんと共に

a0257124_1392056.jpg


 今晩は、この辺で失礼します。 ではまた明日! 

photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑    工芸ブログランキングに参加してます。
ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-12-05 01:41 |

炎だけです

第6回焼成の炎

a0257124_2044335.jpg


a0257124_2051271.jpg


a0257124_2052629.jpg


a0257124_2053725.jpg


a0257124_2054950.jpg


a0257124_2055986.jpg


a0257124_2061338.jpg


a0257124_2074262.jpg


a0257124_208599.jpg


a0257124_209269.jpg


a0257124_2093793.jpg


a0257124_20103551.jpg




a0257124_20105960.jpg


  

photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑    工芸ブログランキングに参加してます。
ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-10-18 00:01 |

第6回焼成3日目

  前日に続き、普限窯、燃えています。

10月3日夜から4日の夜まで、順調に温度が上昇しています。

逆に、温度を抑えるのに、苦労するくらいです。

普通の登り窯では、有り得ません。

なぜか? 薪窯としては、

普限窯の設計が、最新の築炉技術を取り入れ、とても燃焼効率の良い窯だからです。

常々、小山さんが喩で、仰っているには、

フェラーリ等の、スポーツカーを、高速で80kmで走ってる用のものだと。

それだけ、高性能な窯なのです。

そこで、疑問が湧いて来ますね。

温度をあげれば、良い作品が出来るのでは? と

所がそうは、問屋が卸さないのが、陶芸の世界です。

通常、1250℃まで、温度を上げないと、土に含まれる長石や、薪の灰が、溶けださないのです。

それらが、溶けだし、景色となって、信楽焼の美しさが、現れて来ないのです。

それでは、温度が高すぎると、今度が、土自体が、溶けだし原型を留めないのです。

最高温度の目安として、1300℃と言われています。

土の種類によっては、若干の温度差は有りますが、

また、設定温度のよって、自然柚の、仕上がり具合も、変わってきます。

照りが出る最適温度、マット調の仕上がり温度、共に微妙な温度によって、変化します。

普限窯では、毎回テーマを決めて、設定温度を決めています。

それは、ひとえに、焼き上がりの景色を、どのように仕上げるかと言うテーマに、

合わせた温度を決めているのです。

登り窯で最も重要な温度管理、原始的に思えるでしょうが、微妙な温度管理によって、

表現したい作品の表情が、醸し出されるのです。

それでは、本日の1250℃の炎の姿を、ご覧ください。

a0257124_22262273.jpg


窯口に、木蓋と言って、薪を、入口一杯に並べ、酸素を入りにくくして、焚いています。

a0257124_22152676.jpg


火口からの 炎

a0257124_22231788.jpg


胴木間の 炎 温度上昇して、若干白くなって来ました。

a0257124_22252118.jpg


a0257124_22252976.jpg


a0257124_2226032.jpg


4日夜から5日の朝まで窯焚きを頂いた、岸川健さんと、岩崎祥嗣さん

マホニーさんと共に

a0257124_22585140.jpg


a0257124_2259850.jpg


a0257124_22581189.jpg


10月5日の朝から夜にかけて、柏原の拍陶会の面々が、担当して頂きました。

a0257124_2305085.jpg


a0257124_2311100.jpg


何時も、消防署の皆さんに御迷惑を、お掛けしている、煙を吐き出す煙突 
(秘密ですが、若干の改良がなされています。w)

a0257124_2331238.jpg


 10月6,7日には、引出しが行われます。 大変忙しくなりそうです。

これからも、 頑張りましょう ρ(′▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪です。




photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑     工芸ブログランキングに参加してます。ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-10-05 00:01 |

第6回焼成2日目(炎、烈火の如く)

 10月2日の深夜から、3日にかけて、焼成も、順調に推移しております。

焚き初めの、炎、温かそうです。

a0257124_19493995.jpg


a0257124_19501764.jpg


a0257124_1951243.jpg


ネットでのとある出来事、

弱っている人がいました。

みんなで、励ましあいました。

心が、穏やかになって来ました。

傷ついている人が、いました。

傷に、塩をなすりつける人がいました。

悲しかったです。

また、久しぶりに、怒りました。烈火の炎のように!

a0257124_2049100.jpg


a0257124_2045660.jpg


a0257124_20114310.jpg


いつも、心がけている、言葉

『平家物語』冒頭部分です

祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏(ひとへ)に風の前の塵に同じ。

普限窯では、小山普さんの、人柄により、明るく、楽しい人々が、寄り集まって来ます。

また、陶芸に対して、大変、熱心な方ばかりです。
(ですよね!登り窯まで、作るんですから(笑))

小山さんには、感心させられる事ばかりです。 

陶芸とは、なんて言いたくは有りませんが、

楽しくなければ、陶芸ではない。

壁に、ぶち当たり、悩み、苦しむ事も有るでしょうが、

楽しく、頑張って行きましょう。

努力は、必要だけど、 根性は、どうなんでしょう。。。。。。。



 

真剣に窯焚きをする 井上 五郎さん

a0257124_2031092.jpg


目線の先には。。。 田中 元将さん

a0257124_2032396.jpg


10/3 昼勤の 北筋 宏治さん 御苦労様でした。

a0257124_20374639.jpg


差し入れを持って来て頂いた、 きゃんたさん ありがとうございました。

a0257124_20405854.jpg


普限窯 第6回焼成は、1月8日(月)迄、続きます。 頑張って行きましょう。

photo and write by APSあーちゃん でした。



人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑     工芸ブログランキングに参加してます。ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-10-04 00:01 |

炎は阿修羅の如く

 10月2日(火) AM10:00 第6回普限窯焼成が開始されました。

最初の、小山さんがお酒を掛け普限窯を清めます。

a0257124_21244224.jpg


a0257124_2125265.jpg


本日出席の、小山普さん、マホニー.ブライアンさん 朝倉敬也さん、によって安全祈願を願い柏手を打ちました。

a0257124_21264684.jpg


いよいよ普限窯に、小山さんによって火が入れられます。

a0257124_21283119.jpg


a0257124_21283832.jpg


a0257124_21285773.jpg


a0257124_2129535.jpg


a0257124_21293024.jpg


徐々に火が、炎に変わっていきます。

a0257124_21304775.jpg


a0257124_2131124.jpg


焚口に薪が入れられ、炎が荒々しく燃え盛ってきます。

a0257124_21331837.jpg


焚き初めの炎の姿を御覧下さい。

a0257124_21342753.jpg


a0257124_21345525.jpg


a0257124_2135841.jpg


a0257124_21353751.jpg


a0257124_21354889.jpg


a0257124_21361658.jpg


 普限窯の焼成は24時間休み無く、10月8日迄、焚き続けられます。

御見学希望の方は、遠慮なく、小山 普さんの、携帯まで連絡下さい。

 携帯 080-1423-8179 迄 

photo and write by APSあーちゃん でした。


人気ブログランキングへ← 左の文字を1クリック お願いします。
   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑     工芸ブログランキングに参加してます。ランキング画面に変われば、投票完了です。
                             1日1回有効です。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-10-03 01:22 |

Best Fire 

 炎シリーズ Part 10   Best Fire
a0257124_18562222.jpg


a0257124_18572131.jpg


a0257124_18583921.jpg


a0257124_1921850.jpg


a0257124_194024.jpg


a0257124_1904131.jpg


a0257124_1961759.jpg


a0257124_191818100.jpg
 

a0257124_1919798.jpg

 

人気ブログランキング← 投票 お願いします。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-07-10 00:01 |

第5回焼成の炎

 今日は炎だけです。 Part9
a0257124_522466.jpg


a0257124_449043.jpg
 

a0257124_4492121.jpg
 

a0257124_449424.jpg
 

a0257124_450062.jpg


a0257124_4502451.jpg


a0257124_4504247.jpg


a0257124_451246.jpg


a0257124_4512253.jpg


a0257124_4513796.jpg


a0257124_4515729.jpg


a0257124_4521211.jpg


a0257124_452336.jpg


a0257124_4534100.jpg

御楽しみ頂けたでしょうか?
只今写真編集が忙しく、今日はこのへんで by APSあーちゃん
人気ブログランキング← 投票 お願いします。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-06-21 04:58 |

普限窯 火吹きの炎 Part 6

  本日は、ダイナミックな炎

激しい炎
 
a0257124_17402185.jpg


a0257124_17444675.jpg


a0257124_17452384.jpg


やわらかい炎
a0257124_1746477.jpg


a0257124_17465212.jpg


パウザ・ディ・ネラ
a0257124_17474429.jpg


火を噴くミカエル
a0257124_17521941.jpg


鳳凰
a0257124_1753542.jpg


耳の長いワンちゃん
a0257124_17542569.jpg


彷徨う炎
a0257124_17574965.jpg


人気ブログランキングへ← 投票 お願いします。      A.P.S.
[PR]

by photo-by-aps | 2012-05-08 00:01 |